記事を探す

BIMを知る

BIMのデータを活用するために知っておきたいIFC とは?

世界的にIT技術の改革が進む昨今では、建設業界においても例外ではありません。先進的なITツールである「BIM(ビム)」が開発され、業務の効率化を図ることが可能になりました。「IFC」は、BIMのデータを使うための国際的な規格として策定し活用されているものです。この記事では、IFCとは何か、知っておきたいメリットや利用できるデータの例などを解説しますので参考にしてください。(image)

0

BIMオペレーターの求人はどう探せばいい?給料についても知りたい

建築建設業界で注目されている先端技術といえば「BIM」です。注目度が高い技術でもあることから、「BIMに関するスキルを身につけ、オペレーターとして仕事をしてみたい」と考える人もいるのでしょうか。今回はBIMオペレーターの求人の探し方と時給や月給についてご紹介します。(image)

0

国産SaaSの「photoruction」とは?機能や特徴について紹介!

建設業界では今後BIMを導入する企業が増えていくことが予想されています。そんななか、BIMビューワーを搭載するなど、建設業界の生産を支援するツールとして注目されているのが国産SaaSの「photoruction」です。そこで、この記事では「photoruction」の機能や特徴について紹介します。(image) (出典 photoruction  https://bit.ly/3iTS0k1)

0

建築を学ぶなら知っておきたい!海外のBIM事例6選

BIMは「Building Information Modeling」の略語で、主に建築界で導入されているコンピューターを使った新しい手法のことです。BIMを導入することで、建築物の完成形を3Dで表現したり、建築プロジェクト全体のワークフローをシミュレーションしたりすることができます。日本でも定着しているBIMですが、その先進国は海外です。この記事では、東アジア・東南アジア・ヨーロッパ・アメリカのBIM事例を紹介します。

0

BIMの人気ソフトウェアとファイル共有のための拡張子を解説!

BIMソフトウェアを導入する際、課題となってくるのは他社とのファイル共有です。そこで、今回はBIMの主なソフトウェアを紹介したうえで、BIMデータを共有するために覚えておきたい拡張子について解説していきます。

0

建築の現場で重宝されているBIMとは?CIMとの違いについても解説

BIMとは欧米で広まり、日本でも徐々に建築の現場で使われるようになってきているソフトウェアです。これから建築業界で設計の仕事をしたい人なら特に、押さえておきたい知識だといえるでしょう。BIMのソフトウェアにはさまざまな機能が備わっているだけでなく、完成イメージを関係者の間で共有するためにも非常に便利です。この記事では、BIMを導入するメリットやCIMとの違いを解説していきます。

0

導入前に必見!BIMソフトの費用とは

BIM (ピム)によって、今後建設業界での仕事のあり方は大きく変わるといわれています。BIM導入を検討しているところも多いのではないでしょうか。そこで、代表的なBIMのソフトと導入費用について、紹介していきましょう。

0

建設業界で注目!BIMを学べる大学・専門学校とは

建設業界では、業務効率化とコスト削減を両立できるITソリューション「BIM(ビム)」が注目を集めています。BIM運用できる人材は引っ張りだこです。しかし、BIMは専門性が高いため、独学で身につけるのは難しいと言われています。そこで、BIMを学べる大学・専門学校などの選び方のポイントをはじめ、実際に学べるところを紹介していきましょう。

0

清水建設が現場にRevitを導入!事例から分析するBIMの魅力を解説

建設業界や土木業界では、製図を3Dで行う技術、「BIM(Building Information Modeling」が注目されるようになりました。国土交通省の推進もあり、多くの企業がBIMを実用化しています。たとえば、業界大手の清水建設は独自のシステムとともにBIMソフトウェアのRevitを導入する予定です。清水建設が抱えてきた課題の多くがBIMによって解決されると期待されています。この記事では、2021年7月時点での清水建設の事例を踏まえながらRevitの強みを解説していきます。(image) (出典 清水建設 https://www.shimz.co.jp/)

0

3Dモデリングの技術はどう生かされている?BIMの活用事例3つ

BIM(Building Information Modeling)とは建造物の設計において、3Dを使ってモデリングしていく技術のことです。専用のソフトウェアを使うことでBIMは導入可能です。完成図を誰でもイメージしやすいだけでなく、ソフトウェアに工期や予算を計算する機能がついているのも大きなメリットといえるでしょう。欧米やアジアではすでにBIMが広がっており、日本でも徐々に2D設計からの切り替えが行われています。この記事では、BIMの活用事例を紹介していきます。

0

BIMの技術も活用!新国立競技場を作った梓設計とは?

2021年に開催された「2020年東京オリンピック競技大会」では、新国立競技場が建設されました。その設計には大成建設、梓設計、隈研吾建築都市設計事務所共同企業体が参加しています。今回は、その中の梓設計にスポットを当てて紹介していきます。(image) (出典 梓設計 https://www.azusasekkei.co.jp/)

0

新国立競技場の建設を請け負った大成建設ってどんな会社!?

「大成建設」は、東京2020オリンピックのメイン会場である「新国立競技場」の建設に携わったことで知られる会社です。業界のなかでも数多くの実績を積み続けている大成建設がどのような会社なのか、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。今回はその大成建設について、詳しく紹介します。(image) (出典 大成建設 https://www.taisei.co.jp/)

0

1 2 3 4 5 6 7