3Dモデリングの技術はどう生かされている?BIMの活用事例3つ

2021.08.22

0

BIMwork

BIM(Building Information Modeling)とは建造物の設計において、3Dを使ってモデリングしていく技術のことです。専用のソフトウェアを使うことでBIMは導入可能です。

完成図を誰でもイメージしやすいだけでなく、ソフトウェアに工期や予算を計算する機能がついているのも大きなメリットといえるでしょう。欧米やアジアではすでにBIMが広がっており、日本でも徐々に2D設計からの切り替えが行われています。

この記事では、BIMの活用事例を紹介していきます。

情報共有に役立てる!株式会社丹青社の事例

BIMが活躍するのは、関係者の間でイメージを共有したいケースです。ここからは、株式会社丹青社の事例を基にBIMの便利さを紹介します。

デザインが個性的であるがゆえの悩み

株式会社丹青社は商業施設や展示施設の製作を行う会社です。美術館や見本市、百貨店などさまざまな建造物のデザインを手がけてきました。その大胆でユニークなデザインは消費者に大きなインパクトを残してきたといえます。その一方で、デザインが個性的であるがゆえに設計段階ではイメージの共有をしにくいという問題も起こっていました。特に、建築についての専門的知識を持たないクライアントは、2Dの設計図を見ても、概要を理解しづらかったのです。そこで、株式会社丹青社は従来の2D設計からBIMへの移行を図りました。

 

(出典 ITmedia https://built.itmedia.co.jp/bt/articles/2001/27/news024.html)

クライアントや協力会社との連携がスムーズに

BIMに切り替えたことで、クライアントは3Dモデルで完成イメージを確認できるようになりました。2Dでは分からなかった細部のこだわり、設備も具体的に把握可能です。また、デザイナーと協力会社の打ち合わせでもBIMは活躍しました。これまで、株式会社丹青社が提案する個性的なデザインは、協力会社に説明するとき苦労する傾向にありました。「本当に工事ができるのか」「実用性はあるのか」という部分を、なかなか理解してもらえなかったからです。

しかし、BIMではデータを根拠としてデザインの実現性をしっかりプレゼンテーションできます。来場者の動きすら、BIMの画面で計算を行えるのです。デザイナーと協力会社が連携してプロジェクトを進めていくために、BIMは非常に大きな役割を果たしたといえるでしょう。

従業員への講習に力を注いできた河本工業株式会社の事例

BIMの導入で問題にされるのは、「従業員への教育」でしょう。多くの建築会社、設計事務所では2D図面が浸透しています。そこからBIMに切り替えるのは現場の抵抗感を招きかねません。BIMを利用する本人たちの目線に立った研修が必須だといえます。ここからは、河本工業株式会社の事例を通してBIMの研修について解説します。

総合的な業務サポートとしてBIMを推進

河本工業株式会社は建築や土木作業、鉄道工事などを幅広く請け負ってきた会社です。同社は2010年代から3Dツールの可能性に目を向けてきました。BIMの導入も早く、2010年代の初頭には簡単な3Dツールを使って作業し始めています。こうした同社の動きは、「将来的に建築業界は3D技術に切り替わっていく」という予測に基づいてのことでした。そして、国土交通省によるBIM導入のガイドラインが公表された後も、同社は積極的にBIMを推進しています。同社ではBIMを単なる設計技術と捉えておらず、予算見積や保守にも利用できる総合的な業務サポートとして重要視してきました。

オンライン講習で実践的な技術を学ぶ

代表的なBIMソフトウェアである「Revit」導入後、同社は従業員向けに講習会を開催しています。これは、ベンダーの支援サービスの中に含まれているプログラムです。講習はエキスパートの主導でオンラインにて全5回が行われました。マンツーマンによって従業員と講師がコミュニケーションを取れたため、「効率が良かった」との感想もありました。講習中には複数のパイロットプロジェクトが用意されており、実践的な技術を学べたのもメリットだったといえるでしょう。これ以降、河本工業株式会社ではクライアントとの打ち合わせでもBIMを活用する機会が増えています。


 (出典 大塚商会 https://www.cadjapan.com/special/bim-navi/case/pdf/komoto-01.pdf)

意思決定をスピードアップ!株式会社ベクトル・ジャパンの事例

BIMを導入すれば、設計段階から詳細なイメージを関係者に伝えられます。その結果として、クライアントの意思決定をスピードアップできるのはメリットのひとつです。ここからは、株式会社ベクトル・ジャパンの事例を挙げて、意思決定にどのように役立ったかを解説していきます。

問題点が関係者にうまく伝わらなかった

株式会社ベクトル・ジャパンは水道やビル、マンションなどの建築工事を担ってきた会社です。同社では、クライアントや協力会社との打ち合わせで問題点を共有できないことに歯がゆさを覚えていました。プロジェクトに不安要素があったとしても聞き入れてくれず、後になってから計画を修正するケースが多かったのです。また、設計の概要が2Dでは十分に伝わらず、関係者の意思決定も遅れてしまっていたといえます。これらの課題を解決する手段として、同社ではBIMソフトウェア「Revit」を導入しました。そして、打ち合わせ段階から3Dモデルを見せ、関係者と話し合うように切り替えていったのです。

協力会社と対等に話せる

BIMによって作られた3Dモデルを見せれば、関係者に問題点を細かく指摘できます。根拠を持って「ここの計画が不十分ではないか」といった問題提起をできるため、迅速に修正してもらえます。BIMは、あえて情報共有せずに優位性を保とうとする協力会社に対し、対等に交渉できる材料となったのです。さらに、クライアントにもプロジェクトの全貌を理解してもらえるので意思決定までの時間を縮められました。納期が迫ってから計画を変更することも少なくなり、工事の安全性確保につながっています。


 (出典 株式会社ベクトル・ジャパン http://www.vector-japan.com/)

活用事例を参考にして自社に合うやり方でBIM導入を

企業によってBIMを導入する目的はさまざまです。多くの活用事例を見れば、自社に近いケースも見つかるでしょう。過去の成功パターンを参考にしながら、自社に合う方法でBIMを取り入れていくことが大事です。


関連記事

BIM(ビム)とは?建築ビジネスでの活用法と3つのメリットを紹介

近年、さまざまな業界でIT技術を活用したビジネスモデルの改革が進んでいます。建築業界においても例外ではなく、最新のIT技術を導入して、業務効率化やコスト削減を図るケースが見受けられています。そこで注目されているのが、建築の設計・施工・維持管理に至るまでの業務プロセスを劇的に改善させる「BIM(ビム)」というITソリューションです。BIMは、3Dの建物のデジタルモデルと一元管理できるデータベースを活用して、業務効率化とコスト削減の両方を実現させることができます。この記事では、BIMの概要をご説明したあと、BIMを建築ビジネスでの活用法や導入するメリットをご紹介していきます。

0

BIMのメリット&デメリットを現役BIMオペレーターが解説

自社にBIMを導入しようか迷っている方はいませんか?BIMはコンピューター上に建築物の3Dモデルを作成し、建築物の基本情報をデータベース化して活用する手法です。このBIMを導入することにより、設計や管理の効率化を図れるメリットが期待できます。しかし、反対のデメリットもいくつか考えられるため、良い点と悪い点の両方を理解しておく必要があります。そこで本記事では、BIMの基礎概要、メリット・デメリットを解説します。最後までご覧になることで、自社にBIMを導入すべきか適正な判断ができるはずです。

0

CADvsBIM 徹底比較

最近、BIMの話題をよく耳にするようになってきたのではないでしょうか?それもそのはず、BIMを導入している建築会社が少しずつ増えているのです。従来のCADからBIMに切り替えることにより、建築物のモデリングにおいて複数のメリットが期待できます。 そこで本記事では、従来のCADとBIMの比較を徹底的に行います。CADとの違いを知ることにより、BIMの重要性を深く理解できるはずです。

0

知らないと一発アウトなBIMオペレーター基本用語

BIMオペレーターが知っておくべき基本用語が7つあります。基本用語を知らないでクライアントやBIM推進の担当者とやり取りすると、信頼関係を壊してしまうかもしれません。プロジェクトをスムーズに進めるためにも必ず押さえておきましょう。そのため本記事では、BIMオペレーターの基礎概要、知らないとアウトな基本用語を解説します。基本用語を理解しておくことで、BIMオペレーターとして活躍できるはずです。

0

出来るBIMオペレーターなら知っておきたい必須用語

出来るBIMオペレーターになるための知っておきたい専門用語を6つ紹介します。BIMの専門用語は、クライアントと円滑なやり取りをする際に必要不可欠です。また、信頼関係にも大きく影響するため、BIMオペレーターであれば事前に理解しておきましょう。本記事で解説する内容は中級者・上級者向けの専門用語です。最後までご覧になることで、優秀なBIMオペレーターとして活躍できるでしょう。

0

今すぐBIMやるべき理由4選

建築業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえるBIM。このBIMを自社に導入しようか迷っている方も多いはずです。BIMを導入することで得られるメリットは大きいものの、初期コストや手間・労力がかかるというデメリットがあるのも事実です。では、本当にこのBIMは導入すべきなのでしょうか?そこで今回は、BIMをいますぐやるべき理由を4つ解説します。CADとの違いや将来性についても併せてみていきましょう。

0

BIMオペレーターに資格は必要!?

BIMオペレーターとは、BIMソフトウェアを活用して建築物の3Dモデルを作成する職業のことであり、一定の専門知識と経験が求められます。このBIMオペレーターに就任するためには資格等は必要なのでしょうか?そこで本記事では、BIMオペレーターになるための資格、必要なスキルについて解説します。最後までご覧になることで、BIMオペレーターにとって本当に必要なことがわかるはずです。

0

BIMオペレーターに必要な3つの能力

BIMオペレーターとは、BIMソフトウェアを活用して建築物の3Dモデルを作成する職業のことを指します。BIMに関連する専門用語や知識を活用する職業であり、一定以上のスキルや経験を求められる傾向があります。そのため、これからBIMオペレーターを目指す方は「本当に自分に務まるのか」と、不安になってしまうかもしれません。そこで本記事では、BIMオペレーターに必要なスキル、スキルを向上させる行動について解説します。最後までご覧になることで、BIMオペレーターの就職・転職を有利に進められるはずです。

0

BIMを最短で習得する方法

一定以上の専門知識と経験が求められるBIMオペレーター。そんなBIMオペレーターに未経験で就職・転職したいという方もいるはずです。BIMオペレーターになるための資格等はありませんが、BIMを理解しているほうが就職しやすい傾向にあります。では、BIMを最短で習得してBIMオペレーターに就任するにはどうすれば良いのでしょうか?そこで本記事では、一人前のBIMオペレーターの定義、BIMを最短で習得する方法についてお話します。未経験からBIMオペレーターを目指している方は、ぜひ最後までご覧ください。

0

Revitを7年ガチで使った感想

「BIMソフトウェアを導入したいけど、どの製品にしようか迷っている」「Revitというソフトウェアが良いと聞いたけど実際どうなの?」そんな疑問を持っている方はいませんか?BIMソフトウェアと一言でいっても、意外にも種類が多くて迷ってしまう方もいるはずです。さらに永久ライセンスであれば、導入コストが高額となるため慎重に選ぶ必要があります。そこで本記事では、代表的なBIMソフトウェアである「Revit」を7年間使った感想、Revitを使うべき理由をお話します。これからBIMソフトウェアを導入する予定がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

0

Revit メリット&デメリット解説

「Revit」というBIMソフトウェアをご存じですか?Revitとは、「オートデスク株式会社」が販売している建築物の3Dモデルを作成・編集するソフトウェアのことです。直感的な操作で非常に使いやすく、それでいて高度な3Dモデリングを可能としています。はじめてBIMソフトウェアを使用する方にもおすすめです。そこで今回は、Revitのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。自社にRevitを導入すべきか判断できるため、BIMソフトウェアを検討している方は最後までご覧ください。

0

BIMオペレーターがやりがちなミス5選

「初心者のBIMオペレーターはどんなミスを起こすのだろう?」これからBIMオペレーターとして仕事を始める方は、上記のような疑問があるのではないでしょうか?BIMオペレーターの仕事は複雑であるため、初心者の頃には何かしらのミスを起こしがちです。仕事でのトラブルを予防するためにも、起こしがちなミスを把握しておくことが大切となります。そこで本記事では、BIMオペレーターがやりがちなミスとその対処法を解説します。事前に対処法を知っておくことで、現場でのミスを減らせるはずです。

0

BIMのこれまで

世界中の印象深い建築物の多くが、3Dモデリングを構築する「BIM」によって設計されています。BIMとは、コンピューター上に建築物の3Dモデルを作成し、設備設計や機械設定などの基本情報をデータベース化して活用する手法のことを指します。実は、このBIMの概念には多くの方が知らない歴史が存在します。BIMをより深く知るためにも本記事では、BIMの基礎概要や歴史、これからの動向を解説していきます。BIMに対して興味関心がある方はぜひ最後までご覧ください。

0

Robot Structural Analysis(Robot)って何?

世界各国で使用されているBIMソフトウェア「Revit」。このRevitの機能性を高める「Robot Structural Analysis(Robot)」はご存じでしょうか?Robotとは、より自由なBIMアプリケーションとして使用できる構造解析ソフトウェアのことです。Revitと双方向での連携が可能であり、効率的かつ正確な構造設計を助長させます。そこで今回は、Robotの基礎概要や導入コスト、機能性について解説していきます。最後までご覧になることで、Robotの導入を適切に判断できるはずです。

0

Navisworksって何?

建築物の3Dモデルを作成する「BIM」は世界各地で活用されています。BIMのソフトウェアを有効的に用いることで、設計や管理の手間を省ける、法律上の制限を可視化できるなどのメリットが得られるはずです。しかし、BIMソフトウェアは非常に複雑であるため、大規模なプロジェクトのレビューや解析には時間を要してしまいます。そこで活用すべきツールが「Navisworks」です。NavisworksはBIMを活用するプロジェクトのレビューや解析などを効率化するソフトウェアであり、高度な検証機能が備わっていることからミスやトラブルを未然に防げます。今回はこのNavisworksの基礎概要と種類、使い方について解説します。最後までご覧になることで、Navisworksの重要性をより深く理解できるはずです。

0

BIMのはじめかた

BIMを活用して建築物の3Dモデルを作成すれば、より効率的にプロジェクトを進行できるでしょう。しかし、これからBIMを導入する方は「何から手をつければ良いのか?」という疑問を抱えてしまうはずです。それもそのはず、BIMを有効活用するためには専門知識と一定以上のスキルが必要であり、同時にソフトウェアの操作を覚えなければなりません。そこで本記事では、BIMの基礎概要やソフトウェアの種類、BIMのはじめかたを詳しく解説します。最後までご覧になることで、BIMの導入を着実に進められるでしょう。

0

BIM各製品の紹介

「BIMソフトウェアの種類が多くて、どの製品が良いのかイマイチわからない」という方に向けて、本記事ではBIMの各製品を比較していきます。「Revit」「Archicad」「GLOOBE」それぞれの特徴やメリット・デメリットを知って、自身に適切なソフトウェアをみつけてください。

0

BIMの歴史

BIMとは、「Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)」の略語であり、建築物の3Dモデルを作成して基本情報をデータベース化して活用する手法のことです。このBIMの歴史について知っている方はどれくらいいるのでしょうか?なかには「BIMソフトウェアを活用できるけど知らない」という方もいるはずです。そこで今回は、BIMの歴史と、BIMに関連する概念の歴史について解説していきます。最後までご覧になることで、BIMをさらに深くまで理解できるでしょう。

0

3DCADとBIMの違い

従来の3DCADとBIMには異なる点がいくつかあります。3DCADとBIMの違いを明確に理解し、どちらを活用するか検討してみてください。もしかしたらBIMのほうが有用的かもしれません。そのため本記事では、3DCADとBIMの違い、それぞれのメリット・デメリットを解説します。最後までご覧になることで、BIMソフトウェアの重要性が理解できるはずです。

0

意匠向けBIM活用法

建築物の3Dモデルを作成して設計情報をデータベース化するBIM。このBIMは世界各国の建築業界で活用されており、印象深い建築物の多くがBIMやCADといったソフトウェアで設計されます。では、意匠設計とBIMはどのように組み合わせているのでしょうか?そこで本記事では、意匠設計の基礎概要、意匠向けのBIM活用事例を解説していきます。最後までご覧になることで、BIMソフトウェアと意匠設計の関係性が理解できるはずです。

0

構造向けBIM活用法

構造設計におけるBIMの活用法をご存じですか?建築物の安全性を確保するために重要となる構造設計ですが、BIMとの関連性について理解していない方もいるはずです。これからの建設業界ではBIMソフトウェアの活用がキーポイントとなるため、建設業界にかかわるなら絶対に知っておきましょう。そこで本記事では、構造設計の基礎概要、構造設計のBIM活用事例を解説します。最後までご覧になることで、構造設計とBIMの理解が深まりイメージが明確になるはずです。

0

設備向けBIM活用法

設備設計とBIMにおける関連性を知りたいですか?本記事はそんな疑問がある方に向けて、設備設計の基礎概要と設備設計のBIM活用事例を解説します。建築設計には「設備設計」「意匠設計」「構造設計」といったように、重要となる3つの設計方法があります。これら設計方法をうまく組み合わせることにより、プロジェクトをスムーズに進行させると同時にクオリティを向上させます。本記事を最後までご覧になることで、設備設計におけるBIMの活用方法が理解できるはずです。

0

DXとは?

世界的に注目を集めているDX(デジタルトランスフォーメーション)。このDXと建築業界にはどのような関係性があるのでしょうか?BIMを扱う設計士であれば、どんなメリットを生む出すのか知っておく必要があります。DXとは、進化したデジタル技術を用いて業務やビジネスモデルを大きく変革させることです。このDXとBIMの関係性を理解するためにも、本記事ではDXの基礎概要、建築業界におけるDXを解説します。最後までご覧になることで、DXのイメージがより明確になるはずです。

0

建築建設にDXが必要である3つの理由

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を用いて業務やビジネスモデルを大きく変革させることです。このDXは建設業界が生き残っていくために必要不可欠な要素だとされています。では、なぜ建築業界にDXが必要なのでしょうか?そこで本記事では、建設業界におけるDXの必要性、今後のDX活用方法について解説していきます。最後までご覧になることで、建築業界におけるDXの重要性が理解できるはずです。

0

建設業界が抱える深刻な課題とは?

建設業界が抱えている深刻な課題についてはご存じでしょうか?近年、日本のあらゆる業界がDX(デジタルトランスフォーメーション)を重要視しています。このDXを導入する企業は増えており、今後さらにDX化が加速するといわれています。建設業界もDX化の流れに乗って導入していきたいものの、さまざまな要因によりあまり実現できていません。そこで本記事では、建設業界がいま抱えている課題、解決するためのDX活用法について解説していきます。建設業界のより良い未来を目指すためにも、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

0

国内におけるBIM活用事例

「BIMを活用したいけどイメージがあまり湧かない」BIMと一言でいっても非常に複雑な概念です。BIMを活用するための専門知識が必要であり、それと同時にソフトウェアの操作を覚える必要があります。そのため、BIMについてうまくイメージできなくてもおかしくありません。もっとBIMを知りたいという方に向けて、本記事ではBIMを活用するメリット、日本国内のBIM活用事例を解説します。BIMの活用事例を深く知って実態を掴みましょう。

0

海外におけるBIM活用事例

建設プロジェクトにBIMを有効活用することで、いくつかのメリットを生み出します。日本国内のBIM普及率は年々上昇しているものの、世界各国に比べると大幅に後れています。では、日本国内と海外ではBIMの実態にどのような違いがあるのでしょうか?そこで本記事では、海外におけるBIMの状況、海外のBIM活用事例を解説します。最後までご覧になることで、日本と海外におけるBIMの相違点がわかるはずです。

0

建築業界のDXが注目される理由

近年、日本の建築業界ではDX(デジタルトランスフォーメーション)が重要視されています。このDXとは、デジタル技術を活用した大規模な変革を意味するものであり、経済産業省からも注目されている概念です。そこで今回は、このDXと建築業界の事情について詳しく解説していきます。建築業界が注目する理由とDXによって解決できる課題を理解できるでしょう。

0

BIMのおすすめ書籍一覧

BIMを活用すれば設計プロジェクトを円滑に進められますが、BIMソフトウェアを扱うための専門知識が必要となります。この専門知識を身につける方法はいくつかあるものの、いずれも容易ではありません。これからBIMを導入しようと考えている方は、BIMに関連する書籍から学ぶことをおすすめします。そこで本記事では、BIMの基礎概要とおすすめの書籍を解説します。効率的にBIMを学習したい方は最後までご覧ください。

0

BIMオペレーターとしてスキルアップする3つの方法

BIMソフトウェアを活用して建築物の3Dモデルを作成する「BIMオペレーター」。このBIMオペレーターとして現場で活躍するためには、ソフトウェアに関する専門スキルが必要となります。では、そのスキルはどのようにして身につければ良いのでしょうか?そこで本記事では、BIMオペレーターが習得すべきスキル、スキルアップの方法を解説します。最後までご覧になることで、スキルアップに向けた行動を今日から実施できるはずです。

0

BIMに関連するイベントの実例を4つ紹介

BIMオペレーターを志す人のなかには、BIMに関連するイベントに参加したいという方はいるのではないでしょうか?BIMのイベントはソフトウェアを開発している会社や、建設業界にかかわる企業が取り組んでいるケースが多いです。開催されるイベントでは、BIMオペレーターとして活躍するために必要となるスキルや知識を学べるため、現場の業務で非常に役立つでしょう。本記事では、BIMに関連するイベントの概要、イベントの実例について解説していきます。これからBIMオペレーターを目指す方は、ぜひ最後までご覧ください。

0

BIMの情報サイトを6つ紹介

これからBIMオペレーターに就任する方のなかには、どのサイトでBIMの情報を取り入れるべきか迷ってしまう方もいるはずです。それもそのはず、いまやBIMやCADを発信するサイトが増えており、どのサイトが信用できるか不明確になっています。間違った情報を取り入れてしまうと、BIMオペレーターの仕事で大きなトラブルとなるリスクがあります。そのため本記事では、BIMの情報サイトを6つ紹介します。正しいBIMの知識を取り入れるためにも、ぜひ確認してみてください。

0

BIMやらない会社に思うこと

コンピューター上に建築物の3Dモデルを作成し、建築物の基本情報をデータベース化して活用する「BIM」。このBIMは建設業界全体から注目されている非常に画期的なシステムです。しかし、このBIMをやらない会社も一部存在しています。そこで本記事では、BIMをやらない会社に思うことを3つお話します。BIMについて詳しく理解できるとともに、重要性を深く認識できるはずです。

0

BIMが変える建設業界の未来

BIMとは、コンピューター上に建築物の3Dモデルを作成し、設備設計や機械設定などの基本情報をデータベース化して活用する手法のことです。このBIMを活用すれば、建設業界が理想とする未来に近づけます。そこで本記事では、BIMを導入する流れ、導入時に立ちふさがる課題、BIMが変える未来について解説します。最後までご覧になることで、BIMの重要性と建設業界の可能性を理解できるでしょう。

0

BIMマネージャー(BIMコーディネーター)って必要?

BIMマネージャーという職業をご存じですか?BIMマネージャーとは、BIMプロジェクトに参画してBIMオペレーターをまとめる人材のことです。BIMの普及に伴って新しい役割が必要とされています。設計プロジェクトを成功させるためには、このBIMマネージャーの活躍が必要不可欠です。そこで本記事では、BIMマネージャーの基礎概要、プロジェクト開始時におけるBIMマネージャーの役割について解説します。最後までご覧になることで、BIMマネージャーの重要性を理解できるでしょう。

0

BIMとAI技術を結びつけた先の未来とは

BIMを活用することで建設プロジェクトの生産性を向上させ、同時にミスやトラブルを減らします。もちろんBIMを単体で用いても効果的ですが、最近ではBIMの活用の幅が広がり、AI(人工知能)との組み合わせによってさらなる可能性が期待されています。そこで本記事では、BIMとAI技術を結びつけた先の未来を実例をもとに解説します。BIMとAIの組み合わせについて深く理解できるはずです。

0

BIMが変える防災シミュレーション

建設業界にいくつものメリットを与えているBIMですが、この技術は防災面でも期待されていることはご存知ですか?実は国土交通省からも注目されており、いくつかの施策が実施されています。今回はBIMにおける防災シミュレーションの可能性、VRシミュレーター「maXim(マキシム)」について解説していきます。BIMと防災シミュレーションの関係を具体的にイメージできるはずです。

0

現場は何でつまづいてしまう?BIMの実務面での問題を紹介!

大規模な建物の設計において、導入されているソフトウェアが「BIM(Building Information Modeling)」です。BIMは3次元的にモデリングを行えるうえ、環境面やコストの計算も手軽にできるのがメリットです。一方で、現場にBIMを導入する際の問題もささやかれてきました。BIMを使った、どのような実務で現場はつまづいてしまうのか、事前に把握して対策を練っておくことが重要です。この記事では、BIMの実務面での問題と解決策を解説していきます。

0

BIMと相性が抜群!3Dプリンターの活用事例

TVや雑誌などでときおりピックアップされている3Dプリンター。しかし、実際にどういうものかよくわかっている人はまだまだ少ないのではないでしょうか。3Dプリンターは建物の立体モデルを再現するBIMと組み合わされて活用されることがよくあります。本記事では、3Dプリンターの概要についてまず触れ、BIMと連携した3Dプリンターの活用事例について詳しく解説をしていきます。

0

CADオペレーターからBIMオペレーターへのキャリアアップ方法を紹介

CADオペレーターは設計・建築など幅広い業界で活躍しています。ただ、CADオペレーターの将来性について不安を持つ人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事ではCADオペレーターとして働き続けるために必要なことや、BIMオペレーターへのキャリアアップ方法について解説します。(image)

0

国土交通省が推進!日本でもBIMが求められている背景を解説

建造物を3Dモデリングで設計する「BIM(Building Information Modeling )」という技術は、1970年代から米国で提唱され始めました。そして、21世紀になると欧米やアジアの新興国で次々に現場へと導入され始めます。日本はこうした世界の潮流からやや遅れていました。しかし、国土交通省が本格的にBIMを広めるための取り組みに着手し始め、状況は変わってきています。この記事では、国土交通省によるBIM推進の流れと、その理由について解説します。

0

BIMイベント年間スケジュール

「BIMの関連するイベント年間スケジュールを一挙に確認したい」そんな方に向けて本記事では、2021年に開催するイベントをまとめました。BIMのイベントに参加することで、そこでしか体験できない学びがあります。これからBIMオペレーターとして活躍する方にとってはかけがえのない一日となるでしょう。専門知識や経験を身につけるためにも、ぜひBIMのイベントに参加してみてください。

0

スーパーゼネコンもBIMを導入している!5社の取り組みを紹介

建築を学んでいると、BIM(Building Information Modeling)という用語を見聞きすることがありますよね。BIMとは、コンピューターを使って建築物の完成図を3Dで表現したり、プロジェクトの設計から運営までのライフサイクルを一括管理できたりする技術のことです。このBIMは、スーパーゼネコンでも積極的に導入されています。ここでは、大林組・鹿島建設・大成建設・清水建設・竹中工務店といった、スーパーゼネコン5社のBIMに関する取り組みを紹介します。

0

比較しながら決めよう!BIMスクールを選ぶときのポイントを解説

建設業界で導入が進んでいる概念としてBIMがあります。BIMを習得することで設計や管理の手間が減り、お客さんへのプレゼンテーションがしやすくなるメリットが期待できるでしょう。BIMは役立つスキルですが、その分専門性が高いため独学よりもスクールがおすすめです。本記事ではBIMを学ぶ(学べる)スクールの選び方やスクール毎の比較について詳しく解説していきます。

0

ビジュアルプログラミングも可能!建築設計ツール「Dynamo」を紹介

建築業界では、BIM(Building Information Modeling)というコンピューターソフトを使った新しいソリューションが普及しています。BIMで可能になることはいくつかありますが、代表的なのは建築設計への活用です。「Autodesk Revit」といったBIMソフトや「Dynamo」などのツールを使うことで、建築プロジェクトの工程を効率化したり難易度の高い設計をほぼ自動化できます。この記事では、「Dynamo」の紹介とともに、パラメトリックデザインについても解説します。

0

RevitとArchicadのシェア率はどう違うの?国内外におけるBIM普及を解説

「BIM(Building Information Modeling)」とは、建築業界や土木業界で利用されている3Dモデリングの技術です。製図を3Dモデルで行うほか、工事に関するさまざまなデータを統合できるのもBIMの特徴です。そして、BIMのソフトウェアとして日本国内でシェア上位を二分しているのがRevitとArchicadです。いずれも魅力が異なるソフトウェアなので、導入の際にはそれぞれの仕様をしっかりチェックしましょう。この記事では、RevitとArchicadの普及について調査しました。

0

BIMオペレーターになる方法とは?未経験からの学習方法を紹介!

規模の大きい設計業務などで活躍するBIMオペレーター。ただ、BIMオペレーターになりたいと考えているものの、未経験からの学習方法がわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではBIMオペレーターの概要や、未経験からの学習方法について紹介します。

0

BIMでは何ができる?最新版Archicad24の機能で分かるBIMのメリットとは

建築を3Dモデリングする技術である「BIM(Building Information Modeling)」は、国土交通省の推進もあって日本で浸透しつつあります。BIMを導入する際は、専用のソフトウェアやシステムが必要です。ソフトウェアの仕様はベンダーによって異なるため、自社に合った製品を探すことが非常に重要だといえるでしょう。BIMのソフトウェアにおいて、代表的な製品のひとつが「Archicad24」です。この記事では、最新版Archicad24の性能を通してBIMでできることを解説します。

0

BIM初心者は何から始めるべき?おすすめの学習方法を紹介

建設・設計などの業界で注目されているBIM。ただ、BIM初心者の場合はどのように勉強すればいいのか、方法がわからず悩んでしまうものですよね。そこで、この記事ではBIM初心者に向けて、BIMの学習方法について解説します。

0

1級から基礎まで!CAD利用技術者の合格率や勉強方法を徹底解説

CAD利用技術者試験はCADに関する実技スキルや知識を客観的に証明するための資格です。CADオペレーターを目指すときはもちろん、次のステップであるBIMオペレーターを目指す際にも有用になります。本記事では、CAD利用技術者試験の1級から基礎までの難易度、合格率、勉強方法などについて解説をしていきます。(image) (出典 一般社団法人コンピュータ教育振興協会 https://www.acsp.jp/cad/)

0

建設業で必須の工事請負契約とは?その概要とBIMとの関係を解説

日本では、建設や土木の現場で「工事請負契約」を結ぶのが定番になってきました。請負契約によって発注者は、技術力のある専門業者に建設を依頼できる仕組みだといえます。ただし、請負契約ならではの風習が建設業界に問題をもたらしてきた面もあります。3Dモデリング技術である「BIM」が注目されるようになったのは、こうした建設業界に問題の解決策になりえるからです。この記事では、工事請負契約とBIMとの関係を解説します。(image)

0

40代や50代でも転職できる?CADオペレーターの転職事情を解説

CADオペレーターは人気の高い職業のひとつです。そのため、転職したいと考える人も多くみられます。ただ、40代や50代の場合など、転職に年齢は関係するのか気になる人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事ではCADオペレーターの転職事情について解説します。

0

国土交通省が推進中!BIMオペレーターの仕事と活躍できる業界

設計の新しい技術として、21世紀から注目を集め始めたのが「BIM(Building Information Modeling)」です。BIMは欧米やアジアの新興国では浸透しているものの、日本ではまだ導入段階にあります。ただし、国土交通省の推進もあり、徐々に知名度は高まってきています。BIMオペレーターは将来性の高い仕事であり、若年層なら学ぶ意味の大きい技術といえるでしょう。この記事では、BIMオペレーターの仕事内容や活躍できる業界について解説していきます。(image)

0

CADを学べるスクールは?おすすめのスクールや選ぶポイントを紹介

一からCADを学ぶため、CADスクールに通うことを検討する人もいるでしょう。ただ、数あるスクールのなかからどのような基準で選ぶべきか、悩んでしまうものですよね。そこで、この記事ではおすすめのCADスクールや、選び方のポイントについて紹介します。(image)

0

CADに関する資格一覧!独学方法と職種別のオススメもあわせて紹介

建築・設計などの業界でCADは欠かせないツールといえます。CADに関する資格にはさまざまなものがあり、自分の目的に合うものを見つけることが大切です。そこで、この記事ではCADの資格の種類や勉強方法、職種別のオススメの資格について紹介します。

0

LiDARが今注目されるのはなぜ?BIMへの活用で建築・建設業界が変わる

車の自動運転やiPad Proへの搭載などで今注目を集めているのが、LiDARです。精度の高い3Dマッピングが作成できるLiDARは、建築・建設業界でも応用が進んでおり、今後ますます重要な技術になるといわれています。そこで、この記事では、そもそもLiDARとは何か、どのような分野に応用されているのか、建築・建設業界でLiDARとBIMを活用する理由などについて解説します。

0

建設業界の生産性向上!国土交通省のBIMに関するガイドラインとは

業務効率化ができる新たなワークフローとして注目されている「BIM」。国土交通省ではBIMに関するガイドラインを用意しており、建設業務において活用することが可能です。そこで、この記事では国土交通省のガイドラインを詳細に解説します。

0

BIMの推進状況とは?導入における課題とメリット・デメリット

建築業界などで導入が進んでいる「BIM」。BIMはメリットも多い反面、導入における課題も残されています。一体、どのような問題点があるのでしょうか。そこで、この記事ではBIM推進における課題やメリット・デメリットについて解説します。

0

労働環境の改善に役立つ?BIMが建設業界にもたらすものとは

建設業界はかつて「きつい、汚い、危険」の「3K」と呼ばれるほど、きびしい労働環境が続いていました。時代とともに改善の流れは起きているものの、完全には対応できていないといえるでしょう。こうした悪しき風習を変えるための突破口として期待されている技術が「BIM(Building Information Modeling)」です。BIMは設計作業だけでなく、建設業のさまざまな局面に変革をもたらしてくれます。この記事では、BIMと建設業界の労働環境改善の関係を解説します。

0

BIM関連のおすすめYoutubeチャンネル!登録者数や投稿頻度は?

建設や土木の世界では、「BIM(Building Information Modeling)」への注目度が高まっています。製図からプレゼンテーション、見積作成にいたるまで、BIMには業界のあり方を大きく変える可能性が含まれています。ただ、BIMを文字で説明されてもなかなか理解できない人はいるでしょう。そのような場合は、Youtubeチャンネルをチェックしてみるのがおすすめです。この記事では、BIM関連のYoutubeチャンネル、その登録者数や投稿頻度を解説します。

0

情報を可視化!BIMやVR連携によるプレゼンテーションの進化とは

BIM(Building Information Modeling)やVR(Virtual Reality)は建築の世界で積極的に取り入れられてきた技術です。特に、情報のビジュアライゼーションにおいて、両者はこれまでのツールを凌駕しているといえるでしょう。その結果、プレゼンテーションの場面でBIMやVRを活用するケースは増えてきました。これから建設業界で働くのであれば、BIMやVRの魅力をしっかり押さえておきたいところです。この記事では、BIMやVRを連携させたプレゼンテーションについて解説します。

0

BIMをわかりやすく解説!WEBライターに求められる記事の書き方

BIMは、建築業界でもまだ広く普及しているわけではありません。そのため、BIMについて執筆する場合、できるだけわかりやすく解説することがポイントになってきます。そこで、この記事ではWEBライターに求められるBIMの記事の書き方について解説していきます。(image)

0

元祖BIM企業とタッグを組んで「BooT.one」を作成した応用技術株式会社

2009年は日本で「BIM元年」と呼ばれており、本格的に企業でBIMを導入した建設が行われるようになった年です。しかし、それ以前からBIMの活用に取り組んでいた企業がありました。それが大成建設株式会社です。応用技術株式会社はその大成建設株式会社とタッグを組み、BIMアドイン(アドオン)パッケージの「BooT.one」を発売した会社です。この記事では、応用技術株式会社がどのような企業なのかについて見てみましょう。(image)

0

デジタルツインで何ができる?メリットと活用事例

製造業や建築業界を中心に聞かれるようになった言葉の一つに、デジタルツインがあります。今回は、デジタルツインとは一体どのようなものなのか、基礎知識と活用するメリットについて解説していきます。

0

押さえておきたい!国土交通省が推進するi-Constructionとは

国土交通省が推進する国家プロジェクトとして「i-Construction」があります。これに大きくかかわっているのが、建築業界で注目のBIM技術です。この記事では、BIM技術をはじめ、「i-Construction」について解説していきます。(image)

0

新国立競技場の建設を請け負った大成建設ってどんな会社!?

「大成建設」は、東京2020オリンピックのメイン会場である「新国立競技場」の建設に携わったことで知られる会社です。業界のなかでも数多くの実績を積み続けている大成建設がどのような会社なのか、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。今回はその大成建設について、詳しく紹介します。(image) (出典 大成建設 https://www.taisei.co.jp/)

0

BIMの技術も活用!新国立競技場を作った梓設計とは?

2021年に開催された「2020年東京オリンピック競技大会」では、新国立競技場が建設されました。その設計には大成建設、梓設計、隈研吾建築都市設計事務所共同企業体が参加しています。今回は、その中の梓設計にスポットを当てて紹介していきます。(image) (出典 梓設計 https://www.azusasekkei.co.jp/)

0

清水建設が現場にRevitを導入!事例から分析するBIMの魅力を解説

建設業界や土木業界では、製図を3Dで行う技術、「BIM(Building Information Modeling」が注目されるようになりました。国土交通省の推進もあり、多くの企業がBIMを実用化しています。たとえば、業界大手の清水建設は独自のシステムとともにBIMソフトウェアのRevitを導入する予定です。清水建設が抱えてきた課題の多くがBIMによって解決されると期待されています。この記事では、2021年7月時点での清水建設の事例を踏まえながらRevitの強みを解説していきます。(image) (出典 清水建設 https://www.shimz.co.jp/)

0

建設業界で注目!BIMを学べる大学・専門学校とは

建設業界では、業務効率化とコスト削減を両立できるITソリューション「BIM(ビム)」が注目を集めています。BIM運用できる人材は引っ張りだこです。しかし、BIMは専門性が高いため、独学で身につけるのは難しいと言われています。そこで、BIMを学べる大学・専門学校などの選び方のポイントをはじめ、実際に学べるところを紹介していきましょう。

0

導入前に必見!BIMソフトの費用とは

BIM (ピム)によって、今後建設業界での仕事のあり方は大きく変わるといわれています。BIM導入を検討しているところも多いのではないでしょうか。そこで、代表的なBIMのソフトと導入費用について、紹介していきましょう。

0

建築の現場で重宝されているBIMとは?CIMとの違いについても解説

BIMとは欧米で広まり、日本でも徐々に建築の現場で使われるようになってきているソフトウェアです。これから建築業界で設計の仕事をしたい人なら特に、押さえておきたい知識だといえるでしょう。BIMのソフトウェアにはさまざまな機能が備わっているだけでなく、完成イメージを関係者の間で共有するためにも非常に便利です。この記事では、BIMを導入するメリットやCIMとの違いを解説していきます。

0

BIMの人気ソフトウェアとファイル共有のための拡張子を解説!

BIMソフトウェアを導入する際、課題となってくるのは他社とのファイル共有です。そこで、今回はBIMの主なソフトウェアを紹介したうえで、BIMデータを共有するために覚えておきたい拡張子について解説していきます。

0

建築を学ぶなら知っておきたい!海外のBIM事例6選

BIMは「Building Information Modeling」の略語で、主に建築界で導入されているコンピューターを使った新しい手法のことです。BIMを導入することで、建築物の完成形を3Dで表現したり、建築プロジェクト全体のワークフローをシミュレーションしたりすることができます。日本でも定着しているBIMですが、その先進国は海外です。この記事では、東アジア・東南アジア・ヨーロッパ・アメリカのBIM事例を紹介します。

0

国産SaaSの「photoruction」とは?機能や特徴について紹介!

建設業界では今後BIMを導入する企業が増えていくことが予想されています。そんななか、BIMビューワーを搭載するなど、建設業界の生産を支援するツールとして注目されているのが国産SaaSの「photoruction」です。そこで、この記事では「photoruction」の機能や特徴について紹介します。(image) (出典 photoruction  https://bit.ly/3iTS0k1)

0

BIMオペレーターの求人はどう探せばいい?給料についても知りたい

建築建設業界で注目されている先端技術といえば「BIM」です。注目度が高い技術でもあることから、「BIMに関するスキルを身につけ、オペレーターとして仕事をしてみたい」と考える人もいるのでしょうか。今回はBIMオペレーターの求人の探し方と時給や月給についてご紹介します。(image)

0

BIMのデータを活用するために知っておきたいIFC とは?

世界的にIT技術の改革が進む昨今では、建設業界においても例外ではありません。先進的なITツールである「BIM(ビム)」が開発され、業務の効率化を図ることが可能になりました。「IFC」は、BIMのデータを使うための国際的な規格として策定し活用されているものです。この記事では、IFCとは何か、知っておきたいメリットや利用できるデータの例などを解説しますので参考にしてください。(image)

0